47社長ブログ

2009年4月 の記事一覧

創業に際して

2009/4/ 6|コメント(2)トラックバック(0)|カテゴリ:

明日、新会社(47株式会社)の創業。創業に際してずっと考えてたこと。
ずいぶん長いけど、忘れないために、ずっとブレないために記録。


何千万人が目にする15秒のスポットCMにどんなタレントを使うか悩む事はスケールの大きい仕事かも知れないし、かっこいいと思う。学生の頃はそん な仕事にあこがれた。広告の仕事は絶対に社会に必要だし、楽しかった。でも個人的には継続的にモチベーションを維持できなかった。瞬間を楽しめないタイプ なのかも。トレンドを追っても、今は未来の過去でしかないし。


あと、事業というか仕事の目的。売上何十億とか何百億の会社にするとか、上場してお金持ちになろうとかそういうのが目標って時代があった。そんなつ もりもなく創業して、よくその手の質問をされて、なんか違和感を感じてた。そんなことだけのために限りある人生をついやしている場合じゃないような。そも そもそんなステージでもないし、できもしない約束や根拠のない目標を追って、後でがっかりされたり疲れたりするのは嫌だった。


起業して7年間がむしゃらにやってきた。事業としては少し軌道に乗ってきた。でも何か物足りなさも感じていた。さてこれから。いったい何を仕事にし て永続的に頑張れるか。経営者として人の人生を預かってまで。今はやりのモチベーションがどうのこうのというようなテクニック論じゃなく。結構考えてみた。


たとえば、髪の綺麗な大好きな彼女のために香りのいいシャンプーを作るとか、大好きなおばあちゃんのために体を良くしてあげる薬を作るとか、親友の 大切な結婚式や二次会を絶対最高のものにしようとプロデュースするとか。そういうことなら、寝ないでも休まないでも報酬が妥当であろうとなかろうと妥協し ないで頑張れると思う。その人のために。


自分の身近な大切な誰か一人のために少しでも役に立つような。そんな仕事をしたい。


僕 のテーマはやっぱりインターネットと不動産。いろいろ考えて、大切な人たちの未来のために、大切な人たちの子供たちの未来のために、日本がもう少し暮らし やすいまちにできたらいいと思った。それに人生をついやそう。特に地域格差とか変えたい。昔、島根から出てきたときに感じたなんか変な感じ。田舎に生まれ たから損したんじゃないかと思った。友達に出身が東京とか大阪とか聞いたら気後れした。別に今思えばたいしたことじゃないのに。たまに地元に帰ると、東京 で生活していてうらやましいと言われる。すごいなとか。そういうの違うと思う。


...続きを読む

プロフィール

宇垣充浩

宇垣充浩
1976年生。島根県出身。武蔵大学経済学部卒。
2002年前身の東京オフィスコンサルティングを26歳で創業。47株式会社の代表取締役として会社を牽引。