47社長ブログ

2009年12月 の記事一覧

2009年の終わり。

2009/12/31|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

今は上海に来ていて、お客さん先で仕事してます。こっちは大みそかとか関係ないのか?

2009年がもう少しで終わります。

起業して8年目。新会社47株式会社を設立して9月に1回目の決算も終えました。

この不況の中、良くやったとは思います。

ネットを活用した仲介料の無料のオフィス仲介サービス。

ちょうど時代も良かったのかご依頼も多く頂けて、何とか採算も合ってます。(なんとかかんとかですが)

起業した時から考えていた、「とにかく安く売る。できるだけ高く買う」

そんな無理な禅問答を8年も続けてきて、その辺の地道な練習が実ってきた気がする。

ユニクロしかりニトリしかり、本気で取り組んだ人たちは結果を出せた年。その辺の勝負はすでに世界。

知恵を振り絞って、どう差益を出すか。

とにかく常識を変えていくしかない。

来年は勝負の年です。
 
今年も多くの方々にお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

気付き

2009/12/22|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

23歳で会社員を辞めて、個人事業主を経て26歳で起業。

個人事業時代は雇用主っぽい人や会社がいたり、常にクライアントはいても上司はいない。
 
自分のことは自分で考えて、自分で反省したり、自分で鼓舞したり。時に見失う。

12月19日。出張から戻って僕にとって大切な方と久しぶりに食事をした。

応援をしてもらって、期待をしてもらって、世間の人が見てくれない部分を見てくれた人。

なんか良くない方向に変わってしまったと、胸にしみる指摘と批判をもらった。魅力ないよって。

目から鱗。腑に落ちまくった。
 
なんとなく、ベンチャーとか挑戦を履き違えてきていた部分が少なからずある気がします。

新しい事に挑戦することは、それを言い訳に当り前の事を否定する事ではないし、普通をバカにすることじゃない。

特にこの2年間。会社も大変な時期あったけど、プライベートがとにかくめちゃくちゃ。地獄の様な日も長かった。

破天荒ぶって何とかごまかしながら生きてきたけど。

まっすぐ向き合えない出来事がおおすぎて、それを仕事にぶつけていた気がします。

一番大切だと心がけている取り組む前提というか姿勢がくずれている事に気づこうとしなかった。

ちょうど年末。しっかり反省して自分を建てなおそうと思います。

大切な大切な恩人にいつかイケてる姿を見せられる様に。2010年は気持ちを元に戻します。
この2年間で失ってしまった大きなものを今更後悔しても仕方がない。もしも後悔し続けても今よりは真面目でいい。
 
簡単には割り切れないけど、今のうちに気付けて良かった。
 
唯一の売りだった前向きさとか、内心の臆病さに裏付けられた謙虚さとか。その辺が変わったんだと思う。
 
食事の仕方。自慢の仕方。お酒の飲み方。体調管理の仕方。車の選び方。
 
なんていうか道具の磨き方みたいな部分とか。もちろん一番大切な人との接し方。
 
今、会社徒歩5分の22平米の1ルームで一人暮らししてる。
 
おんなじ生活をしていても、自分勝手だと思われる場合もストイックだと思われる場合もある。
 
おんなじことを言っても、ほら吹きと思われる場合も夢が大きいと思われる場合もある。
 
好き勝手生きて、お金持ちになれそうだから経営者を選んだわけではないつもり。心底大変だし。
 
好き勝手生きて、お金持ちっぽくなっていく奴のために力を貸す人なんていないし、まして発注してもらえるはずもない。
 
30歳になってから、毎年1つ自分の中で内緒の目標を設定して達成してきたけど、今年ははじめて未達だった。
 
たった365日。来年はちゃんと生きよう。年末に気付いて良かった。
 
2009年年末のひとりごと。感謝を込めて。

プロフィール

宇垣充浩

宇垣充浩
1976年生。島根県出身。武蔵大学経済学部卒。
2002年前身の東京オフィスコンサルティングを26歳で創業。47株式会社の代表取締役として会社を牽引。