47社長ブログ

2010年6月 の記事一覧

いろいろな人

2010/6/26|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

ずっと法人向けのサービスを行ってきましたが、4月から個人向けのサービスも開始。
 
いろいろな人からお問い合わせ頂きます。
 
なぜか最初から電話で怒っている人がいたり、高圧的な人もいます。
 
ネットで顔見えないから不安。そうするとそうなるのかな。と勝手な解釈をしながら週末せっせと電話対応してます。


普通はとても丁寧な方が多い。
 
今日、内覧を急遽依頼された案件がありました。実は明日から海外出張なのでどうしても今日みたいと。

営業のスケジュールに空きないけど、丁寧にお願いされると弱い。
 
バタバタしながら、本来休みの営業スタッフがたまたま渋谷にいたから、出社してもらってご対応。
 
結局途中から別の現場があるから担当が変わったり大慌て。
 
でも、夕方お申込をする旨とともに、わざわざお礼の電話をいただいた。
 
無理を聞いてくれてありがとうございます。&2人とも本当に素敵な営業の人たちですね。
 
ただそれだけ言いたくて電話しました。との事。
 
 
ぼくも普通の人間です。感謝していただいたり褒めてもらえるとうれしいです。
 
経営者8期目。一番うれしいのはやっぱサービスが認められて、従業員が褒められたとき。
 
お客様が僕たちを見えないように、ネットの向こう側にいるお客様の顔を僕も見えない。
 
何かのきっかけでホームページを見てくれた方がいて、その情報でいろいろ考えてもらう。
 
その中でほんの一部のお問い合わせ頂く方。
 
その人に怒られたら僕だってつらい。ほめられたらとてもうれしい。今日のお電話は本当にうれしかったです。
 
 
昔思ったこと。
 
会社の創業期。少なからず裏切られたりだまされたりした。馬鹿にされることは日常。
 
でもそれで疑心暗鬼になったり、卑屈になったり成りあがろうとかしたら負けだと思う。
 
そうじゃなくて、裏切らない人。だまさない人。馬鹿にしたり見下したりしない人。そういう人たちと一緒にいたらいい。

仕事だからって、馬鹿にされてまでやりたくない。それでいいと決めたんです。

ただ、普通に接してもらえることや努力を認めてもらえる人のお手伝いを、気持ちの通じた仲間としたい。
 
いいお客さんにほめられたイメージを常に心に描いて、日々黙々と仕事する。それでかれこれ8期目。
 

でも、前提は、土曜日なのに、急に呼びだしたのに来てくれた営業と新卒なのに土曜日も仕事してる営業。
 
休日手当は出すけども、はやく楽にローテーションできる会社にしよう。
 
そごくいい会社だとほめてもらえた日。そんな日はもっと大きくしよう。そう心に誓う。

会社概要をもう一部

2010/6/23|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

先日ご契約に来社頂いた方に、会社概要と七味をお渡しした。

営業が夜中にバイク置き場を探しに行ったお客様。

友だちに紹介したいので会社概要をもう一部もらっていいですか?と言われた。

とことんうれしかった。


やっぱ契約を取ることは目的じゃなく、喜んでいただくことが目標です。そうすれば契約にもなる。
 
というかやりがいを実感できる。

もしもお客さまが本当に誰かを紹介していただけたら、期待以上の仕事をしようとはりきる。

そのお客さまに、良い人たち紹介してくれてありがとうね。と言ってもらえるくらいがんばる。

儲けなんてどうでもいい。そんなの後から考えりゃいい。

オフィスのときも思い返せば、ただそれを続けてきただけだと思う。

これからも、ただそれを続けていくだけ。そんな日々を過ごせたら、こんな幸せな人生はほかにない。


「友達にも紹介したいので、会社概要もう一部もらっていいですか?」

土日留守番してるさみしさとか苦労もぶっ飛んだ。とことんうれしい。
 
それでええじゃないか。

日当たりも知らないぼくら

2010/6/20|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

「47ライフ」も「47オフィス」も仲介料無料。
 
リクルートやホームズは広告掲載課金なので、当然情報も多いけど仲介料はかかる。
 
エイブルなんかの町の不動産屋さんは仲介料課金。知識も豊富で顔が見えて安心だけど仲介料がかかる。
 
住宅のお問い合わせを対応し始めて2ヶ月。
 
うちの良さもまだまだのところもいろいろわかってきました。やっぱ棲み分けなんだと実感します。
 
 
たとえばamazon。
 
本屋さんに行くことが難しい方(時間や場所的に)にとてもいい。
 
本屋さんにも在庫スペースという限界があるから、おいてない本も買えていい。古い雑誌とか。
 
手に取って考えたい人には不向き。そもそも本当に送られるか不安な人は当然使わない。
 
 
うちもそう。
 
物件のご質問を頂くけど、あくまでネットメディア会社なので詳細はわからない。
 
風通しがいいかどうか、大家さんはなにをしてる人か、となりはどんな人か、日当たりはいいか。など
 
そんなのも知らないんです。そもそも内覧されるお客様のニーズも知らない。
 
そんなのアリ?って言われてもしかたない。でも、この仕組みがいいって方も少なからずいらっしゃる。
 
できもしないことを大きく言わないで、知りも知らないことは素直に認めて。
 
少し不便だけど、自分で部屋を探す方の決裁ツールになれたらいい。今は悔しいけどそんなもん。
 
 
だけど、ちゃんと真面目にやっていって、いつか、
 
リクルートさんとかみたいな掲載数を目指して物件を増やします。
 
エイブルさんとかくらいの多くの従業員で少しずつ専門知識や詳細情報をストックします。
 
 
あと、最近、土日とかは特に契約でお客様にご来社頂く。
 
わかりにくい場所だから迷われる。案内もしずらい。ご不便おかけしてます。
 
丸ビルとかマークシティとかわかりやすく、いいビルに移転できたらいいな。と初めて思った。
 
豪華さとかは一切興味ないけど、契約に来てもらうことを誇れる様なオフィスにできたらいいな。
 
一生に何度かしかない不動産契約だもの。賃貸だって。
 
 
とにかく、いまはまだまだご不便をおかけ続けているけど、高い目標をかかげてやろうと思います。
 
久しぶりに燃えてきました。
 
昨日、サッカーを友達家族の家で見て、夜中になんとなく芝浦から代官山まで歩いた。2時間くらいか。
 
途中サイトに掲載させて頂いているマンションがいくつもあった。これだったのか。って思った。
 
やっぱ知ってた方がお客さん安心だよな。
 
とんでもない数だけど、マンションももっかい歩いて全部見よっかな。夜しか時間ないけど・・・。
 
遠回りって案外近道なんだ。オフィスのときも最初ばかだと思われたし。
 

2011内定承諾者

2010/6/14|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

2011年新卒採用で内定承諾者が出ました。
 
立教大学法学部卒。冬子の後輩ですね。ずいぶんのんびりしたタイプの男子です。
 
中途も2人ほどとても魅力的な人がいて、最終まで進んでます。
 
1人は元CAの方。1人は元百貨店の方。
 
今は、本質的でないと思いつつも、ずいぶん高望みして採用を行っています。
 
いわゆる不動産屋さん的な感じじゃない風に見せたいし見られたいし。
 
 
お2人とも当然ながら他社でも内定が出ているそうで、まだご縁あるかわかりませんが。
 
僕たちみたいなベンチャーは、面接をするというよりされる感じ。
 
採用って恋愛みたいなもんだ。高望みするとやはりフラレルこともあるから傷つくし。
 
でも、一生懸命説明すること。採用はゴールじゃないから、誤解されないように。
 
 
大変ですが、9月までに新卒中途関わらず15名は採用したいと思っています。本気で全国やるので。
 
そのための売上、9月までの数字は何とか見えてきました。
 
 
引き続き人材は大募集中。特に宅建資格者は急募です。
 
基本的にはすべて人材紹介会社さん経由。
 
今期の利益は採用活動にほとんど投資しようと思っています。
 
 
前に社員15人で壁にぶつかった反省と経験を生かして、今回は慎重に真剣にノリじゃなく組織作ります。
 
アルバイトの人たちも入れたら、グループでいま20人くらい、15人増えると35人か。
 
 
そんな組織経営したことも、そんな集団をまとめた経験もない。知ったかぶらずに謙虚に取り組むしかない。
 
一緒に事業を創っていく人たち。
 
新卒だろうとアルバイトだろうと関係ない。
 
事業のビジョンを必死に説明して、面白いと思ってくれたらその言葉を信じて。同志。
 
9月に集まったみんなで本当に0からもう一度始めようと思います。
 
転職じゃなく、就職じゃなく、起業。そんな人を一人ずつ集める日々です。

COOL BIZ

2010/6/ 8|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

47株式会社は、6月1日より9月30日までCOOL BIZを推奨することにしました。
 
男性は営業も含めノーネクタイで勤務にあたってみます。女性は前からラフですけど。
 
そんなことが少しドキドキすることだったりする真面目な社風は好きです。業界柄でしょうか。
 
昨日は会社の窓をあけて1日仕事をしました。
 
風が通るのは気持ちいいけど、やっぱ暑いのと、最上階なのにたまに虫が入るのが難点です。

  • 一番最後のページへ

プロフィール

宇垣充浩

宇垣充浩
1976年生。島根県出身。武蔵大学経済学部卒。
2002年前身の東京オフィスコンサルティングを26歳で創業。47株式会社の代表取締役として会社を牽引。