47社長ブログ

2010年7月 の記事一覧

経営者パーティー(女の子来ます)

2010/7/31|コメント(2)トラックバック(0)|カテゴリ:

「経営者の会合があるので来ませんか?(同数の女の子も呼んでます)
 
経営者ばかりだから、オフィス移転などで、仕事にもつながるかも知れませんし・・・・・。」
 
こんなメールが届いた。
 
 
久しぶりに心の底から本気で苛立った。
 
 
飲み友達でもなんでもない、最近いいなと思って導入したシステム会社の営業の人からの誘い。
 
少なくともうちは発注をしている立場の取引先。しかも僕は一応社長。
 
そのシステムの担当者でもない。ただ、少し名刺交換をしただけの関係。
 
名刺交換をしただけ。
 
僕は長いこと営業をしているけど、こんな唐突なお誘いをしたこともされたこともない。
 
めずらしく、ただただ怒りを感じてしまった。
 
 
特に女の子を呼んでますの意味はさっぱりわからない。
 
会合で酒飲みながら女の子かこみながらでお客さんを見つけようなんて思ってない。
 
そんな程度の会社だと、そんなことを喜ぶ社長だと思われていたことに悔しくて悔しくてしょうがない。
 
メンバーにも本当に申し訳ない。
 
 
そもそも、経営者の会合というのが個人的にだいぶ苦手です。
 
起業したばっかの時は誘われるまま、苦手ながら何回か参加したけど、この5年以上参加したことない。
 
よく経営者にしかわからない悩みを共有できますよ。とかお誘い頂く。
 
別に主婦にだって女子高生にだって浪人生にだって就職活動中だって、老後だって、新卒だって。
 
どのジャンルにだって、その人たちにしかわからない悩みがある。
 
経営者だけ特別な悩みがあるという風が気に入らない。
 
特に酒飲みながら、女の子口説きながらなんてのは本気で気に入らない。
 
 
もしも悩みがあったとしても、もしも孤独だと思ったとしても、
 
外部の知らない人に相談するくらいなら、目の前にいる社員とかお客さんに聞いてもらう。
 
尊敬する先輩方だって、親身に話を聞いて頂ける。そういう時にもお酒飲んだりはするけど。
 

別に潔癖症でもないし、女の子のいるお店に行ったりしたことだって何度もあるけど。

間違ってもそんなシーンでおれは社長だなんていうわけない。まして47ですなんて。
 

なんちゅうか公私混同が大っ嫌いなんです。会社の代表、みんなの代表。個人は個人。趣味は趣味。

別に仕事中に友達できなくたって別にいい。

女の子にもてたくて会社作ったわけでも、友達が欲しくて作ったわけでもない。当然お酒飲みたいわけでも。
 
こんな変なこだわりのある僕みたいな偏屈にだって、気の知れた友達やメンバーいっぱいいる。
 
それでいい。
 
 
せっかく月末でいろいろいい感じでやったあと思ってみんなでお疲れ会。
 
そのごはん食べに行く前に届いたメール。むかつくやらなさけないやら。かなしいやら。
 
せっかくのお疲れ会&歓迎会。気持ちが少し乗らなかった気がする。
 
 
反面教師。僕の思う営業ってものをもう一回メンバーに共有したい。
 
ぼくももっと高い志で、こんな風に思われない人にならなきゃいけないんだ。
 
一生忘れないメールだと思う。

右折する勇気

2010/7/30|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

26歳で会社を作って、お客様案内と運転練習用に15万円で先輩にポンコツVWを売ってもらった。

とてもうれしくて、ドキドキしながら乗るんだけど、怖くてずっと左折してた。

島根はほぼ1車線だけど、東京は右折に技術と勇気が相当必要。車も車線も多い。

でも、少しずつチャレンジした。恐怖の右折。毎回ドキドキだった。
 
1年くらいして、夜中に首都高にもチャレンジした。清水から飛び降りる覚悟で。
 
 
いまや、右折なんてへっちゃら。急ぎのアポが多いので首都高も乗りまくる。
 
ちっちゃなことだけど、こんな自分想像もしてなかった。


人生もビジネスもおんなじような。

攻めないとずっと右折できない。高速も。自分を信じて、いつかやるっきゃない。

47株式会社は、この8月9月に大量アルバイト採用をします。中途も引き続き。

9月末までに正社員10名は内定出したい。2012年新卒は20名採用予定です。
 

8月1日から9月30日までは土日も含め、大量の人員でデータベース構築を開始します。
 
この夏で東京の基礎終わらせて、全国に進むために。
 
サイトでは5名とか書いてありますが、20名でも採用したいと思っています。

findjob!

フロムエーナビ

8月9月は土日も関係なく全部あけて、全力で取り組みます。
 
今までも東京オフィスの構築。47オフィスの構築。47ライフの構築。
 
何度かアルバイトの人の力を借りて、やってきた。今回は今まで最大規模になる。
 
チャレンジしなきゃ右折すらできない。
 
いつか振り返ってすごいことやったなと思える様な夏になればいい。ご応募お待ちしてます。

ボタンおすだけのストレス

2010/7/25|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

前回のパスワードと同じこと。

経営者はじめて、一人でやっているときはまだ良かったけど、少し人を採用したころ。


毎月25日に給料を払う。神保町の東京三菱銀行に行って、月末の支払いも一緒に。

だいたい入金は月末だから、一気にお金が減る。ただボタンを押す行為にドキドキする。

ボタンを押しながら申し訳ないと思ったりする。

当時社員の初任給研修15万円。配属後18万円。こんなに働いてもらって、申し訳なくてしょうがない。


おかねなくなった通帳を持って会社に帰るころにはすっかり顔色悪い。不安とか罪悪感。


だから、30分くらい公園で当時たばこすってたから、ぼーっと通帳みながら一服。

それで、むりに笑顔取り戻して元気に会社に戻ってた。


松田さんきてくれてから、その役割は全部彼女。あの作業は本当にすりへる。

彼女には本当に申し訳ない。たんなる経理の人でもないから、心穏やかじゃないだろう。

大変だと思う。何年も自転車操業を繰り返した。バイシクル経営という意味分かんない単語でごまかして。

ただ、僕の根拠のない自信を信じて。そして信じてもらって。

けど、経理は絶対に経営者がやるべき作業じゃないと思う。

というかやっちゃいけない作業な気がする。

とにかくすりへるから。

なんかいろいろかすれちゃう。目標とか夢が虚言なんじゃないかと疑心暗鬼にすらなる。

打算的な仕事もやっぱやろっかなと信念すらゆるがしはじめる。ボタンたちすげぇこえー。


いま、おかねの大きな流れでは把握しているけど、毎月お金増えた減ったはいちいち聞いてない。

全力でやるだけやるしかない。信念ゆらいだらぼろぼろだと思うし。


ただ、ボタンを押すという行為。それが本当に大変なことだった。

今期、やっとキャッシュフローが安定しました。やっと普通。

ただ、9月から一気に攻める。まだまだドキドキしてていい。はず。

安定なんてもっとおやじになってからほっといてもしちゃうだろうから、いいかげんアクセル踏みます。

itadakimasu

2010/7/20|コメント(1)トラックバック(0)|カテゴリ:

なにをするにもログインという作業が案外多い。
 
セキュリティとか正直苦手。田舎者だからだろうか。


わけのわからない暗号を打ち込む作業ってきらいです。自分のパソコンなのに。意味無いじゃん。

だから、パスワードに意味持たせようと思った。

ぼくのパスワードは、たいてい「itadakimasu」


昔、おばあちゃんに教えてもらった話を発展させて、人生に一番大切だと思っている言葉。

味付けがおいしいかおいしくないかは、料理人の腕次第。素材のせいじゃない。

お魚でもお肉お野菜でも、大切な命。いただいて生きていく。文句なんか言っちゃいけない。

だから、作る人は丁寧に味付けしておいしく食べてもらわなきゃいないもんなんだよ。

そんな感じ。


会社もそうだと思う。

請求を出すという行為は、お客様からお金を頂くという行為。ある意味、大切なお金を奪い取る行為。

採用をするという行為は、他人の人生を預かるという行為。ある意味、大切な時間を奪い取る行為。

あたりまえだけど、そういうこと。経営者はその道をつくる仕事。そんな仕事。
 
せめて、経営として真摯に社会に接して、満足して頂いた結果お金もらうことができたらいい。

働く人には価値ある仕事をしてもらいたい。そして充実感があればうれしい。


だから、僕のパスワードは「itadakimasu」にしてんだ。と、日曜久しぶりに妹と食事して話した。

ちょっと感心してた。34にもなって、いまあだにおばあちゃんこ。ルーツはそこなんよ。


あ、パスワード言っちゃった。変えなきゃ。まあいっか。

どうでもいいことにすら、意味つけるといいですよ。オススメです。

灘高校

2010/7/17|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

一昨日は小事件だとすれば、昨日は大事件。

そんな高校があるらしい噂は聞いたことあるけど、出身者にあったことはない。あの灘高校。

社長さんとかで出身の人たちに会うことは多いけど、友達とかにはいない。あの東大。


その灘高校から東大に入って、卒業してなぜかスターバックスで店舗運営を手伝っていたという好青年。

そんな青年が8月1日から47に入社することになりました!!昨日内定を承諾いただいた。
 
大阪から面接に来て、何度も来てもらうのも申し訳ないので、トントン拍子に最終まで。
 
当然筆記試験は過去1位。数学なんて満点。そりゃそっか。


学歴は別にあくまでも人の個性の一つ。顔やスポーツや出身と同じようなもん。ただ、さすがにこれは大事件。

しかもスタバというだけあって、低姿勢。

東大卒なのに、っていうと偏見だけど、物腰柔らかくてコミュニケーション力も高い。そんで芯がある。

家族や周囲の期待を一身に受けてきただろうに。同級生は官僚とからしい。超エリート。

そんな人物をこんなちっちゃな夢しかない会社が引き受けるという大義。

初の就職47って。

ちなみに、東大模試で全国1位を取ったことがあるらしい。すごすぎて、よくわからない。

うちのしごとってそんな頭使わないけどなぁ。

いや、いつかすげぇ使ってもらおう。
 
 
恐ろしい採用力がついてきたのかも。

続々、最高の人材が集まってくる。間違いなくドリームチーム。
 
今週入社してくれた加藤さんも超ポテンシャル高い。何より笑顔が素敵で雰囲気がいい。


この採用力。
 
うれしさ半分。おそろしさ半分。僕の大きな話。みんななぜかその気になってくれる。

頑張ってきた人。能力のある人。どうみても魅力的な人。そんな人たちが続々集まってくる。


タレント集団。豊富な人材をどう集め、どこへ向かうか。
 
あとは社長の力量だろ。そこが一番心配だけど、やるっきゃないっしょ。

  • 一番最後のページへ

プロフィール

宇垣充浩

宇垣充浩
1976年生。島根県出身。武蔵大学経済学部卒。
2002年前身の東京オフィスコンサルティングを26歳で創業。47株式会社の代表取締役として会社を牽引。