47社長ブログ

2011年4月 の記事一覧

明日から少しいません。

2011/4/26|コメント(1)トラックバック(0)|カテゴリ:

4月27日より47ライフはお休みを頂きますので、4月の売上をしめました。
 
今月は目標の104.3%とギリギリの結果でしたが、売上目標も達成しました。
 
GWと合わせて、明日から久しぶりに1週間程遠くに出張です。
 
少し留守にします。

昨日の会社説明会。

2011/4/23|コメント(1)トラックバック(0)|カテゴリ:

昨日は会社説明会でした。多くの学生の方にご来場頂きました。ありがとうございました。
 
お預かりした資料をもとに選考を開始させて頂きます。熱い人多い。ゆとりとか関係ないじゃん。
 
ご説明した内容はこんな感じ。
 
・47の意味は47都道府県。
 世界で通用するサービスにしたいから数字にした。
 
・社会を変えようなんて思ってなくて、変わっていく社会に適応するサービスを提供したい。
 
・不動産仲介市場は今後益々シュリンクしていくはず。本や雑誌みたいに。
 その時にamazonみたいなサービスが必ず必要になると思う。
 
・就職はやりたい事から選ぶけど、起業はやれる事から選んだ。社会の足りないところを見つけて。
 ちなみに、47に入るという事は、就職ではなく、一緒に起業をするに近いはず。
 
・IKEAとか郊外に店舗を持って店員いなくて倉庫で買う感じ。斬新なしくみ。だから安い。
 HISとかユニクロとか、こういう時代に選ばれる安くて便利なサービス会社になりたい。
 
・ホテルや旅館は毎日空室管理してるじゃん。
 不動産だってもっとちゃんとできると思う。
 
・女の子とか、田舎の人とか、不動産屋さんに行きづらい人や行けない人。
 土地勘の無い人や審査に落ちちゃう人。そもそも部屋が空いたり売れなくて困ってる人。
 そんな人達に少しでも役に立つサービスを作りたい。
 
・僕も最初方言とかで遠慮とか緊張で土地勘ないし、部屋なんか選べなかった。
 都心とかは本当はどうでもいい。広告じゃ繋がらない部分を繋げたい。
 
・不動産屋さんを壊したいわけじゃない。カバーできなかったところを埋める仕組み。
 itunesとかamazonとか、ロングテールのところをやりたい。

・クックパッドでお母さん救われた。zozoで試着しないで買うし。そんなのやりたい。
 
・尊敬する人は伊能忠敬。だから歩くことから始めた。ぼくは地図を立体にしたい。
 
・100万枚売れるように曲を作っても歌っても面白くない。
 心を込めて大切な曲を作って、それが100万枚売れたらうれしいはず。
 会社も同じ。社会にもっともっと求められる様なサービスを多くの人と一緒に作りたい。
 1000人にする事が目標とかじゃなくて、でもいつか1000人くらいになったらいい。
 
・震災もあったし、これからもいっぱい色々な事があると思うけど、
 とにかく常にしっかり出来る事を見つけてやる本質的な会社でありたい。
 
・採用は超本気でやっているつもり。一切の妥協はせず採用している。
 新卒入社は嫁もらう位の気持ちで行う。だからご両親にも挨拶に行くようにしている。
 
5月にも説明会を予定しています。もしかしたら追加で秋もやるかも知れません。
 
 
ただ、1つ残念なことは、説明会の予約をキャンセルしてくれない方があまりにも多い事。
 
会場には席数に限りがあります。予約も制限を加えなければならない。
 
昨日は100名以上の方にキャンセル待ちの登録を頂いていたそうです。
 
だけど、昨日は各会10名以上は空席だった。
 
どの会社も人事の人達は前の日からいろいろ準備をしています。
 
就職活動のシステムは確かにおかしいと思う。とりあえず予約しなきゃ始まんないし。
 
でも、できれば、行かないと決めた段階で、キャンセルして欲しい。
 
準備をしてくれている人やキャンセル待ちをしてくれている人達のために。
 
これは47に限った話ではないはずです。
 
お互い信頼関係を持って活動をできたらいい。
 
 
ちなみに、もしもキャンセル待ちをされていた方で、選考に参加したいという方。
 
直接人事まで連絡下さい。電話でもメールでも何でもいい。5月の席を確保するなり、なんか考えます。
 
権利だけでも平等にしたいじゃん。
 
 
それにしても来ないとかガッカリ。まあまあおもしろい会社だと思うのに・・・。

というか準備をしてくれているスタッフにも申し訳ない。
 
もっと魅力的な会社に。もっと魅力的な社長になりたい。

保護者面談

2011/4/19|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

恒例(?)の新卒保護者面談を日曜日に行いました。
 
毎年やってます。前回はこちら
 
中学から立教の立教ボーイ。なぜか47に新卒で就職したわけで。
 
ご両親としたら、最初はもっと大きな会社に入って欲しかったけど、本人の意志を尊重したとの事。
 
会社を見て安心したと言って頂けた。
 
食事をして色々話して、いい会社に出会えて良かったね。と言って頂けた。
 
3年後にも5年後にもそう思ってもらえるように、しっかり責任感じながら付き合っていこうと思う。

いままでの部屋。

2011/4/17|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

18歳   :コーポ藤 201 1K 5万円
http://archive.homes.co.jp/estate_master/60360/
右も左もわからない上京したて。初の1人暮らし。半年も住まなかった。なぜか埼玉県。学校電車30分。

18歳~22歳:ミヤギマンション101 1R 7.5万円
http://www.toh-shin.co.jp/es/rent/100000000000000000000000389806
バイクも置かせてくれて、隣接する部屋がない変わった造り。池袋は大都心で楽しかった。学校バイク20分。

22歳~24歳:パティオK 104 妹と同居 1LDK 7万円負担
http://www.neverland-rent.jp/2011/02/d_/9409.php
妹と2人。庭(パティオ)のあるいいマンション。明大前はアクセスも良く住みやすかった。会社電車40分。

24歳~26歳:OLIO麻布十番 1103 1K 10万円
http://chintai360.jp/mansion/11638
麻布十番の駅上。新築で入居。夜中に帰っても朝まで遊べる場所。広告屋時代。会社電車20分。

26歳   :RFIVE B 1R 12万円
http://www.kkf.co.jp/design/odakyu/01/
家は最高。なんか少し麻布とか六本木とかそういう暮らしから離れたくなったころ。
でも、都心暮らしに慣れすぎて、渋滞や満員電車に面食らった。半年位で解約。会社設立地。会社車30分。

26歳~27歳:上目黒のアパートに居候 いくらか負担
起業したばっかりでお金のない時代。1年ばかし中目黒10分の古いアパートで同居。会社バイク20分。

28歳~29歳:アンテニアお茶の水205 12万円 1R
http://www.mitsui-chintai.co.jp/portal/original/antenia_ochanomizu/outline.html
オフィスをコンバージョンした物件。かっこいい。窓から並木が見える低層の景色も◎。会社徒歩3分

29歳~31歳:フォレシティ麻布十番弐番館1303 17万円 1LDK 
僕の部屋からだけ東京タワーがみえて良かった。会社バイク3分。

31歳~33歳:タワーズ台場1618 20万円  1LDK
http://www.aqua-house.co.jp/rent/detail/2152.html
誕生日2/22。住所:台場2-2-2に縁を感じた。ファンドに短期で借りた。セレブ気分。会社車10分。

33歳~34歳:代官山ハイツ606 13万円 1R
http://www.sumitomo-latour.jp/buildlist/shibuyaku/daikanyama-heights/?banner_id=gg16869
バストイレ同の一番やすい狭いストイック部屋。もう一回起業。人生もリスタート。
でも、代官山という雰囲気はなかなか素敵だった。狭いのに高いけど。会社徒歩3分。
 
現在は目黒区に在住。会社まで歩ける距離。
今の自分に一番良い(はず)。とてもモチベーションの上がるお部屋。だいぶ交渉したけど。
 
 
ぼくは、車を買うなら車好きな人から買いたいと思う。

お寿司屋さんならお寿司に命を込めている人のお寿司がいいと思う。活きがいいと熱く語る大将。

お金が儲かるからやっている人と、好きでやっている人は全然違うはず。


ぼくは生活レベルに変化はあるけども、その時どきに部屋にはこだわってきた。

部屋って個性。いいとこ住んでるね。ってなんか自慢。

誰も来ないかも知れないけど、自分はいつも自分を見ているわけだし。

努力とかと同じ。誰も見てなくても評価してくれなくても、自分だけは見てるわけだし。

僕はずっと自分なりにいいお部屋に住んできた。いくつか失敗もしたけど、毎回ワクワクした。
 
 
どこに住むかで出会いも運命も変わる。友達も恋人も。
 
DBをしっかり作って、もっとみんなが自分の家探し楽しめるようになったらいいなと思う。
 
採用活動で、なかなかうまく伝えられないけど、
 
住まいが好きな人とか、そういうのをお手伝いしたい人と一緒に働きたい。部屋って大事だし。

ちなみに、個人的にとても大切にしているポイントは、通勤距離と眺望となんかおしゃれさです。


47ライフ事業は震災の影響で繁忙期がズレこみましたが、週末は大忙しでした。

もうすぐ中途採用も再開です。できること、しっかりやりたいと思います。

くろだゆきひろ

2011/4/ 9|コメント(0)トラックバック(0)|カテゴリ:

2002年11月に一人で創業して、2003年12月に初めて事務のアルバイトを採用。知り合いの知り合い。

その後、2004年4月に正社員を採用。findjob!で。何を思ったか新卒を採用した。
 
それが、くろだゆきひろ。

3月最終週に面接して4月入社。僕の就職活動の時とおんなじだ。

一次面接17時に開始。そのまま何軒か飲みに行って、2時くらいまで。なんていい加減な面接・・・。

虎ノ門生まれなのに、弘前大学に行って、青森の人になって帰ってきたらしい。変な奴。

採用理由は、信頼できそう。ただそれだけ。青森弁だったし。いい人そうだった。


4月1日に新卒入社。その後、朝から夜中までずっと一緒に働いた。
 
怒涛の創業期。初日から終電。
 
毎日電車が無い時間まで働いた。仕事終わったら毎晩バイクで家まで送って行ってた気がする。
 
そういや雨の日はどうしてたんだろうか。思い出せない。
 
土曜も日曜も一緒にお客さんに紹介するオフィスビルを下見しに行った。

毎日同じものを食べた。昼ごはんなんて食べたり食べなかったり。
 
仕事がうまくいったら夜中から飲みに行って大騒ぎした。

ずっと一緒だった。

でも、その後会社は順調(?)に大きくなっていった。ネットで注目もされた。日経新聞にも出た。
 
夜中まで働くこともなくなって、むちゃくちゃな会社じゃなくなっていった。
 
僕も社長っぽくなっていって、毎日いろんな我慢をするようになった。
 
僕は昔の良さを失っていった自分も会社もコントロールできなくなった。
 
それが組織を作る事だと誤解していた。珍しく、らしくもなく、たぶん悩んでた。面白みなかったかも。
 
相方のくろだゆきひろは退職をすると言った。

あの日の事は一生忘れない。くよくよした。いっぱい後悔した。

でも、あの日のあと、頭丸めて、この先どうしようかいっぱい考えて、意識が変わった。 

僕は退職はできないから。


くよくよしてる暇は一秒もない。

あいつの過去。履歴書の中身。在籍していた会社の格を変えてあげたい。

あんなすげえ会社の創業に携わったんですか。とあいつが尊敬されるような会社にする。
 
あいつのためにできること。それしかない。 それが一番の恩返し。
 

いつも、くよくよしたり大事件の後に僕は大きく変わる。

スーパーサイヤ人みたいなシステムだと思う。人間の本質なのかな?あの時もそんなだった気がする。
 
 
あの日から、1000人くらいの会社にすると言いはじめたんです。


ただ、その彼が3月から戻ってきました。3年ぶりに。

相当の覚悟を持って。たぶん。

あいつのために、すげえ会社を作らなきゃと息巻いてたのに、戻ってくるとは計算外だった。

ま、一緒にやった方がいいに決まってるけど。
 
 
47は人が辞めないけど、会社を辞める事は別に悪い事じゃないと思う。
 
文句いいながらダラダラ会社にしがみつくくらいなら、辞める方が前向きだし。
 
今後ももしかしたら人が辞める時だってあるかも知れない。でも、もうおろおろしない。
 
一緒にいたい人なら、いつか帰ってきなね。って言ってあげればいい。
 
 
新卒で入社した社員が外をみたくなって出ていって、そして戻ってくる。
 
経営者として、これほど光栄な事はない。
 
 
別れた彼女に3年後にヨリを戻したいと言われるようなもんかな。
 
男としてそんな光栄な事はない。戻るかどうかは別として。
 
 
とても大きな新戦力がまたひとり。ほんとに楽しくなってきた。

スタッフ紹介更新しました。増えたな。最高のメンバーです。

  • 一番最後のページへ

プロフィール

宇垣充浩

宇垣充浩
1976年生。島根県出身。武蔵大学経済学部卒。
2002年前身の東京オフィスコンサルティングを26歳で創業。47株式会社の代表取締役として会社を牽引。