47社長ブログ

47社長ブログの最終回

2015/4/ 4|コメント(3)トラックバック(0)|カテゴリ:

このエントリーをはてなブックマークに追加


2006年に東京オフィス社長ブログを開始して、2009年から47社長ブログ。

その47社長ブログも今日で更新は最後になるかと思います。

ちょっと社長としての形も変わるので。


島根から東京に出てきて20年過ぎました。

ずいぶんと東京の人っぽくなりました。良くも悪くも。

しかし、また地方の人になります。

この4月から沖縄に新たな拠点を作る事になりました。

本気でそっちをやるために、当面の常勤先は沖縄です。

社長は兼任ですが、既存事業は副社長に任せ、沖縄オフィスに専念します。

まさか沖縄の人になるなんて人生は想像もしていませんでした。ビックリ。


沖縄の理由は2つ。


沖縄には助成金とか、コスト安いだけが目的で出ている会社が多くあるそう。

そういうなんか不純な動機じゃなく、本気で新しい事業やる会社が沖縄にあっていい。

人を大切にして、働くとか暮らすをもっと良くする伸びしろを感じました。

社長自ら行くからには東京本社の下請け仕事なんてやらないつもりです。

地方発のインターネットサービスを作りたいと思います。沖縄で。


あと、アジアの近さ。

アジアに拠点ではなく、沖縄で中継するのはありな気が。

空港までオフィスから10分だし、地の利を活かして、アジアを積極的に。

生産拠点としてだけじゃなく、情報もできるだけリアルに受け取ってたい。

この辺はこの1年でオフィス家具とかの物流を勉強した影響もあります。


そして、社長のぼくが沖縄に行く理由はいくつかあります。


47という名前は毎日意識していて、この違和感はなんとかしたかった。

やっぱり47都道府県を意識しながら、そういう事業に挑戦したいと思います。

あと、既存事業にとらわれずに新規事業に専念したい。

不動産のイメージから、インターネットビジネスの会社に転換を図りたい。など


でも、最大の理由は47の体制を変えるべきだと思った事。

仕事が増えても営業部門は仕事はさばいちゃいけない。

利益が上がっている時こそ間接部門はコスト意識を持たないといけない。

創業社長が13年で作った仕組みやしがらみに縛られている場合じゃない。

業績は良いけど問題は山積み。高い所を目指して頑張って欲しいです。

3月には中途が2名、4月には新卒が3名入社。新しい47は始まってます。


とはいえ、今回は色々と難しい判断でした。

受け入れてくれた役員および社員、友人、家族などなどに感謝します。

いきなり沖縄行くとか、ポカンとしている人が大半ですが・・・。


今は未来の過去です。

今回の判断が、無責任となるか英断かリタイアか逃亡かは、未来の結果次第。

縁もゆかりもないし、友達もいないし、不安だらけですが、頑張るしかない。

もう一度、創業の気持ちで。いい会社を作りたい。

最初に複合機を中古で1台買いました。また1からこんなスタートです。


実は、昨日新規事業で作ったサイトに初めてお問合せが来ました。

茨城県からのお電話で、ミーティングテーブルのお問合せでした。

まだ売上が上がったわけでも利益が出たわけでもないです。

でも、お問合わせ嬉しくて、というかそれまでが不安すぎたからか、涙が出た。

涙目で丁寧に御見積とカタログをメールで送りました。返信を祈るように。

こういう気持ちを絶対に忘れないように、沖縄でゼロから事業を頑張ります。


時々、ブログを見て頂いた方々ありがとうございました。

これからも47株式会社をよろしくお願いします。



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

色々とご多忙だから、ネットに乗せるのも遅いのだろうと勝手に判断させて頂いておりました。今度は沖縄ですか~、お若い内に体験は非常に大事かと存知ます。ひととうりの言い方しかできませんが、どうぞご自愛くださいませ。健康でないとネガテイブになりやすいからです。あまり過信せず、労わりながら、お進みくださいませ。60代になったら皆肥やしになりますから。ブログのないのは寂しいですが、まっすぐに玉には一休みして人生を謳歌してくださいませ。貴社の益々の発展をお祈り致します。

2015/4/ 6 00:39| タロー

定期的に読ませて頂いていました。
読んで、自分まだまだだな、頑張らなきゃな、と奮い立たされ、勇気づけられていました。
ありがとうございました。
これからも、影ながら応援しております。

2015/4/ 7 23:35| Y

2015年4月26日、面談をして頂きありがとうございました。
宇垣さんが、この沖縄で住民票まで移して、
本当に新規事業を熱い想いで立ち上げようとしていることを
短い時間でしたが、感じることが出来ました。

特に共感を持った点は、
営業は、さばくことが仕事ではなく、常に危機感をもって、仕事すること。

私も長い間、営業という世界でお客様とのリレーションを築いてきました。
いつまでも継続的にお客様を維持することは、難しく、いつ途絶えるかも知れないという危機感をもって営業してました。
特に新規のお客様からお問い合わせを受ける喜びは、いつでも嬉しいものでした。
沖縄という地で、この事業がどのような発展をするのかとても楽しみです。
今後、customer supportや営業職などの募集があれば、
法人営業などでの電話対応や見積もり作成、クレーム対応など、
経験を積んできたことに対して御社にて活かせると思います。
その際は、今回のデータ入力の応募ではなく、チャレンジしてみたいと思います。
もっと時間があれば、宇垣さんともっといろいろお話をしてみたいと思います。

コメントする

お名前
URL
コメント

トラックバック

・この記事のトラックバックURL

http://47co.jp/mt/mt-tb.cgi/1271

・この記事のトラックバック一覧

トラックバックはありません。

プロフィール

宇垣充浩

宇垣充浩
1976年生。島根県出身。武蔵大学経済学部卒。
2002年前身の東京オフィスコンサルティングを26歳で創業。47株式会社の代表取締役として会社を牽引。